FC2ブログ

◆博多名物で一杯やったゼ◆

小熊のプルー

一週間ほど前の事です。
帰宅してみると、自分宛にクール宅急便が届いておりました。

かつての仕事仲間『N山じゅんG君』からでした。

思えばヤツは九州者。
里帰り先から送ってくれたんだネ。
こういうの、嬉しいじゃないデスかぁ~♪

IMGP5116.jpg


(1)いかの明太詰
(2)数のこ(もちろんあの味付け)
(3)博多小町(福岡空港限定・純米大吟醸)

おぉ~。
なんて気が利いている贈り物であろうか!
これだけで、ひと酒盛り出来ちゃうもんネ。

正直、今すぐ食したい。

しかし、折り悪く健康診断を1週間後に控えておりまして、
しばし『お預け』と相成った訳です。

あれから1週間。
健康診断も、無事(かどうかまだ分からないが)終わり。

アルコール解禁だ!
口切りは、当然あの『博多からの贈り物』である。


IMGP5118.jpg



さて、1週間も、冷蔵庫で寝かされ、
いやがうえにもキリリと冷えた『博多小町(福岡空港限定・純米大吟醸)』
の封を切るゾ!

いややややややややややや、今日はなかなかに蒸し暑いゾ。
いかにキリリと冷えていても、純米大吟醸を開けるには、
コンディション不十分ではないか!
って事で、焼酎をグラスに注ぎ氷をタップリ水を少々。
よし、今日はコイツで行こう。

まずは、数の子から行ってみましょう。

IMGP5120.jpg


通常、辛子明太子と言えば、『たらこ』すなわち、
スケソウダラの魚卵を使っている。
コイツは、それを『数のこ』つまり、ニシンの卵を使った訳だ。

いただきます。
ポリポリと数の子特融の触感が嬉しい。
唐辛子をベースに様様な旨味成分満載の調味料が、口に広がる。
そこにじわりと魚卵の旨味が続くから堪らない。
しかも、いつものたらこの物よりも、明らかに上品な味わいである。
最後は、爽やかかつ景気良い辛さが、後を引っ張る。
このタイミングを逃さず、キリっと冷たい焼酎をグビっと行くのである。

1週間の禁欲生活開けだかんネ~。
も~何も言えん。

ポリポリポリポリ!
グビっ!グビっ!

ポリポリポリポリ!
グビっ!グビっ!

ポリポリポリポリ!
グビっ!グビっ!

ポリポリポリポリ!
グビっ!グビっ!

っと、しばし単純な2動作を繰り返せば、
10オンスタンブラーになみなみ注いだ焼酎も、無くなってしまうのである。

2杯目の焼酎を用意して、
いかの明太詰に行って見ましょう。


IMGP5124.jpg


小降りなイカの中に、イヤと言うほど、辛子明太子が詰めてある。
まずは、ひとつ口に入れましょう。

さっきの、数のこよりも、程よく辛さが押さえてある。
活きの良いイカを使っているのか、
妙にイカが甘く感じる。
しかもイカだから、噛む程に旨味がじわりと染みだして来る。
これも良い。
もうここで、焼酎をグビリである。

これはもう、これ1点で完成された肴である。

イカと辛子調味料とたらこのハーモニーを楽しみ。
焼酎をグビグビやれば、2杯目の焼酎も蒸発である。

結局、辛子明太子製品2点で、しこたま焼酎を飲んでしまったのである。
結論を言えば、辛子調味料の強い個性には、
スキっとした焼酎で正解であったようだ。

では、『博多小町(福岡空港限定・純米大吟醸)』はどうなるのか?
それは、これからの季節、より良いコンディションはいくらでも有る。
旨い刺身などと一緒にやりたいねェ。(うひひひひひ)

その日を楽しみに、冷蔵庫で眠るのである。


以上。




関連記事
Posted by小熊のプルー

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply