バイク.キャンプ.旅 北関東自由生活 Strawberry Julep (ブログ編)
バイクとツーリングの話題あれこれ!  2頭の柴犬を道連れに行くクルマの旅とキャンプ! 栃木・北関東の自然と四季! 旨いもの旨い酒の話少々!
◆新車・シャイクダウン◆
待望の新車が納車されたぜ。

IMGP5269.jpg

って言っても、チャリですけどネ!

自転車の業界って、
ママチャリ等廉価なヤツは、中国製に席巻されて。
高級品は、フランスだとかイタリアだとかの欧州製が、確たるブランドを形成。
性能も価格も、ほどほどの中間レベルは、台湾製が強いみたい。

台湾の自転車メーカーGIANTは、世界最大の自転車メーカーだとか・・・・・
電子機器の世界のサムスンみたいなモノね。

国内市場ですらそんな感じで、国産の肩身は狭し。
(自転車のネタは、アチコチのサイトを聞きかじった程度なので、間違ってたらゴメン)

そこで、ヨ~シ俺がひと肌脱いじゃえって事で、国産にこだわってみました。

買ったのは、クロスバイクというカテゴリーのチャリです。
クロスバイクって言葉、ストライクゾーンが広くて、
モーターサイクルの言葉に例えれば、『ネイキッド』みたいな感じ。

ネイキッドバイク買いましたと言われても、
それだけじゃぁ、どんなバイクかさっぱりワカらん。

そんな意味らしい。

片道10キロ余りの通勤・・・・を念頭に置いて検討してました。

で、決めたのは、
ブリジストン製の『Ordina S5』というモデル。
求めていた条件をクリアしつつ、価格とモノのバランス悪くない。

IMGP5270.jpg

アルミフレームで車重12キロと少しで、5万円くらいですから、
まずまずのバランスだと思います。

色も結構気に入ったので。(実物見ないで買っちゃった)

IMGP5271.jpg


前3段
後8段の24段変速

邪道な感じだけど、
前後ドロヨケ。
前後キャリア。
前カゴなど付けてしまった。
通勤車って、実用車だかんネ。

IMGP5272.jpg

消して衝動買いではありません。
これで、待望の自転車通勤が可能になります。

人生まだまだ、楽しい事沢山あるのに、
体力なくっちゃ何も出来ませんからネ。

地道に、体力衰えないように頑張ります。
余計なCO2も出さなくて済むし。(なんてネ・・・苦笑)

自転車通勤の様子は、追ってカキコミましょう。

それじゃ!


◆初秋ツーリング 奥利根・混六峠◆



暑さ寒さも彼岸まで・・・・・とは良く言ったもので、
しのぎやすい季節になってまいりました。

こうなったら、ツーリングに出かけるしかありませんなぁ。


--------<<続きは本家HPへ>>---







9月 風涼やかな秋キャンプのハズが・・・・・・・・
7月に行けなかった、月山弓張平。
9月の3連休で行く事になりました。
あ~めでたしめでたし♪

この時期の弓張、さわやかな風の心地良いキャンプになるなぁ♪。





浮き立つ我らをよそに、天気予報は、
大型の台風18号の接近を告げておりますが・・・・・









----->>>本家HPはここをクリック
雨のキャンプ
月山弓張平キャンプ場は、
現在のところ強い雨。




久しぶりに、のんびり本を読み、静かに過ごそう。
◆博多名物で一杯やったゼ◆
一週間ほど前の事です。
帰宅してみると、自分宛にクール宅急便が届いておりました。

かつての仕事仲間『N山じゅんG君』からでした。

思えばヤツは九州者。
里帰り先から送ってくれたんだネ。
こういうの、嬉しいじゃないデスかぁ~♪

IMGP5116.jpg


(1)いかの明太詰
(2)数のこ(もちろんあの味付け)
(3)博多小町(福岡空港限定・純米大吟醸)

おぉ~。
なんて気が利いている贈り物であろうか!
これだけで、ひと酒盛り出来ちゃうもんネ。

正直、今すぐ食したい。

しかし、折り悪く健康診断を1週間後に控えておりまして、
しばし『お預け』と相成った訳です。

あれから1週間。
健康診断も、無事(かどうかまだ分からないが)終わり。

アルコール解禁だ!
口切りは、当然あの『博多からの贈り物』である。


IMGP5118.jpg



さて、1週間も、冷蔵庫で寝かされ、
いやがうえにもキリリと冷えた『博多小町(福岡空港限定・純米大吟醸)』
の封を切るゾ!

いややややややややややや、今日はなかなかに蒸し暑いゾ。
いかにキリリと冷えていても、純米大吟醸を開けるには、
コンディション不十分ではないか!
って事で、焼酎をグラスに注ぎ氷をタップリ水を少々。
よし、今日はコイツで行こう。

まずは、数の子から行ってみましょう。

IMGP5120.jpg


通常、辛子明太子と言えば、『たらこ』すなわち、
スケソウダラの魚卵を使っている。
コイツは、それを『数のこ』つまり、ニシンの卵を使った訳だ。

いただきます。
ポリポリと数の子特融の触感が嬉しい。
唐辛子をベースに様様な旨味成分満載の調味料が、口に広がる。
そこにじわりと魚卵の旨味が続くから堪らない。
しかも、いつものたらこの物よりも、明らかに上品な味わいである。
最後は、爽やかかつ景気良い辛さが、後を引っ張る。
このタイミングを逃さず、キリっと冷たい焼酎をグビっと行くのである。

1週間の禁欲生活開けだかんネ~。
も~何も言えん。

ポリポリポリポリ!
グビっ!グビっ!

ポリポリポリポリ!
グビっ!グビっ!

ポリポリポリポリ!
グビっ!グビっ!

ポリポリポリポリ!
グビっ!グビっ!

っと、しばし単純な2動作を繰り返せば、
10オンスタンブラーになみなみ注いだ焼酎も、無くなってしまうのである。

2杯目の焼酎を用意して、
いかの明太詰に行って見ましょう。


IMGP5124.jpg


小降りなイカの中に、イヤと言うほど、辛子明太子が詰めてある。
まずは、ひとつ口に入れましょう。

さっきの、数のこよりも、程よく辛さが押さえてある。
活きの良いイカを使っているのか、
妙にイカが甘く感じる。
しかもイカだから、噛む程に旨味がじわりと染みだして来る。
これも良い。
もうここで、焼酎をグビリである。

これはもう、これ1点で完成された肴である。

イカと辛子調味料とたらこのハーモニーを楽しみ。
焼酎をグビグビやれば、2杯目の焼酎も蒸発である。

結局、辛子明太子製品2点で、しこたま焼酎を飲んでしまったのである。
結論を言えば、辛子調味料の強い個性には、
スキっとした焼酎で正解であったようだ。

では、『博多小町(福岡空港限定・純米大吟醸)』はどうなるのか?
それは、これからの季節、より良いコンディションはいくらでも有る。
旨い刺身などと一緒にやりたいねェ。(うひひひひひ)

その日を楽しみに、冷蔵庫で眠るのである。


以上。




◆何を食べるか、迷った時は・・・◆


何故かいつも、半チャンラーメンになっちゃうな